容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

椿山課長の七日間

  1. 2009/02/27(金) 21:44:34|
  2. 椿山課長の七日間|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
椿山課長の七日間という映画を
ご覧になったことがあるでしょうか。

ある日突然死んでしまった椿山課長が、
天国へ旅たつ前に、現世に舞い戻るというストーリーです。

現世では、伊東美咲扮する美女の体を借ります。
いろいろ考えさせられる映画です。

天国について。現世への未練について。

椿山課長は、現世に舞い戻ったことにより、
知りたくないことも数多く知ってしまいます。

自分の子供が本当の子供ではなかったこと。
妻の過去。

知らないことが幸せ、ということは多いと思います。
現世の自分とはまったく違う人物のカラダを借りて、
自分の周りの人と接すると、今まで知らなかった
自分自身への評価に接し、きっと驚くでしょう。

映画の椿山課長のように。

本来そこにいるはずのない人がそこに居合わせる、
というシチュエーションはドラマになります。

たまたま会社のトイレの個室に入っていて、
あとから入ってきた上司や部下が自分のことについて
語りだす時はスリリングですね。

そういうときは、聞き耳を立ててはいけません。
ルール違反です。偶然にせよ盗聴に近いものがあります。

人の評判は、本人の目の前で行うべきです。
ほめるにしても、悪口を言うにしても。

そして、偶然聞いたり見てしまっても、
それは記憶から消したほうが良いですね。

人の話は、かならず尾ひれがついてきます。
伝言ゲームというものを試したことがある人はわかると思います。

隣の人に次々と伝言していき、最後の人が受け取った伝言は、
オリジナルの伝言と驚くほど内容が異なっている、というものです。

人の話は、だれが発信元なのかを意識して直接本人から聞くという
姿勢が大切です。もちろん自分の姿で。


コムサイズム キャリーバッグ

DTIブログって?